昭和大学医学部医学科の受験情報(入試傾向、対策ポイントなど)

昭和大学医学部医学科入試の傾向と対策

昭和大学医学部は、他の学部と連携した科目や実習などを取り入れており、「チーム医療の基盤」ということを教育カリキュラムの中心に位置づけています。

4学部を横断したPBL(課題解決型チュートリアル)を行い、3年次までは基礎科目を中心に基礎から臨床へ学びを進め、救急車に同乗し救急医療の現場を体験するなど、チーム医療の大切さを体験する機会もあります。

●選抜者基準

昭和大学医学部は「至誠一貫」の精神のもと、医学を通して医療の発展と国民の健康増進と福祉に真心をもって寄与する優れた人材を育成することを目的としています。
昭和大学医学部のカリキュラムを修得し、卒業時に求められる能力を達成できる学生として、日々の学修と多様な経験の中から以下の能力を身に付けている人を求めます。

1 常に真心を持って人に尽くす意欲と情熱のある人

2 チーム医療を担うための協調性と柔軟性のある人

3 医療や健康に関わる科学に強い興味を持つ人

4 自ら問題を発見し解決する積極性のある人

5 医療を通じた国際社会への貢献に関心のある人

6 一年次の全寮制共同生活・学習に積極的に取り組める人

 

●過去の入試の概要

2017 2018
1期 2期 地域別選抜
(センター利用)
1期 2期 センター利用B方式
(地域別選抜)
募集人員  約78名  約20名  約12名  約78名  約20名  約12名
志願者数 3,700名 2,031名 411名 3,490名 2,016名 426名
受験者数 3,504名 1,857名 411名 3,308名 1,865名 426名
一次試験 一般入試:英語(100点)・数学(100点)(140分)、理科2科目(200点/140分)
二次試験 一般入試:小論文(60分)、面接(約10分)

●2019年度募集要項

【一般入試募集人員】(1期)78名

【出願期間】12/19~1/15

【試験日】一次1/25 二次2/2または2/3

【センター利用 募集人員】12名(各地域2名)

【出願期間】12/19~1/15

【試験日】一次1/19 1/20 二次2/11

 


大学別入試対策の達人 河村浩行師匠による必勝対策!


●数学

全範囲が出題範囲である。
例年大問4問で、そのうち2~3問は小問集合となっている。
出題内容はさまざまであるが、同じ年のI期とII期で似たような問題が見られることがあり、II期を受験する場合はI期の復習をよくしておくとよいだろう。
他大学では出題範囲外になっていることの多い「期待値」に関する問題がよく出題される。難易度は低いことが多く、勉強していかないと差をつけられてしまうので、本学受験生はぬかりなく勉強しておくこと。
近年、答のみをストレートに聞く問題が増加しており、「大問の最初の得点しやすいところだけ取って、部分点狙い」というような軟弱な勉強をしている受験生にとっては歯が立たないだろう。そのような受験生はその姿勢を厳しく戒め、最後まで解き切るという信念をもって問題に望むようにしてほしい。
小問が多いためか、問題ごとの難易度の落差が激しい。よく読んで、危険だと思ったら飛ばすのもまた勇気である。

●物理

全範囲が出題範囲である。
近年では2015年以外は大問4問で、毎年力学・電磁気の両分野からの出題が目立つ。
全般的には標準的な問題であるが、砕いたガラスが白く見える理由や、IH調理器に適した鍋の素材を考察させてみたり、果ては片対数グラフのプロットや次元解析など、チャレンジングな設問が毎年みられる。
「良問の風」「名問の森」のような標準的な問題集を一冊仕上げるのはもちろん大切なことであるが、決して漫然と解くのではなく、物理現象や数値に対する興味・関心を失わないように学習していくことが重要である。
いたずらに問題数をこなしただけの受験生と、一問一問しっかりと噛みしめながら勉強した受験生では、こういった一風変わった問題で大きな差がつくであろう。

●化学

全範囲が出題範囲である。
本学の化学で最も目を引くのは、特に有機化学分野における、教科書を超えた知識問題である。タンパク質を構成する20種類のアミノ酸とその構造式はもちろん、その代謝産物に関するような知識問題まで出題される。「そんなところまで勉強しなくていい、取れるところを取れ」という意見もよく聞かれるが、この欄でそのようなつまらないことを書くつもりは毛頭ない。
もし取らなくてもよいのならば、毎年毎年同じような、生命科学に関する問題が出題されるはずがない。代謝に関する基本的な知識があれば、推測で何とかなる部分もあるのである。
生命科学に関する問題のすべてを最初から捨ててかかるような情けない姿勢を捨て、出題者と対話するような気持ちで問題と向き合う。そうすれば自ずと解けてくる。
もちろん生命科学の勉強だけではダメで、理論化学、特に平衡の単元が重要である。生命科学が楽しいからといって、そちらにのめり込みすぎないように注意してほしい。
化学の参考書・問題集でオススメなのは「化学の新研究」「新理系の化学問題100選」で、生命科学分野の参考書としては「エッセンシャル生化学」がよいだろう。

解答速報はこちら

関連する記事