講師・スタッフ情報

あなたの学力を1年で医学部に合格可能なレベルに引き上げる多才な講師陣

あなたは偏差値30台・40台・50台から医学部合格可能なレベルに学力を引き上げ医学部合格を目指す受験生ですか?それとも、3年〜4年の浪人生活で心身ともに疲れ果て今にも挫けそうな浪人生ですか?

あなたが医学部に合格するという目標を叶えたいのなら、医系予備校にありがちな大学偏差値の高いだけの講師たちではなく、医学部受験のスペシャリストのもとで学習しなければ良い結果は望めないでしょう。

多様な分野から選び抜かれた四谷メディカルの講師たちは医学部受験を知り尽くした医学部受験のプロフェッショナルです。

あなたの学力を1年で医学部に合格可能なレベルに引き上げてくれる講師たちを紹介します。

校長

中裕子 校長

受験相談・カウンセリング担当

出身

東北大学法学部法律学科

略歴

FM岩手、TOKYO FMのアナウンサー(DJ)予備校英語講師を経て、医学部予備校・慶応進学会フロンティア校長。実父は前岩手県立大学長で東北大名誉教授の中村慶久氏、実兄はBリーグ・89ersの元社長の中村彰久氏。

講師(五十音順)

浅見啓 講師(数学)

出身

東京大学理学部数学科

趣味

ゲーム。ぷよぷよは一般的なプレーヤーよりは得意。
ゲーム作り。但し今のところ未完成。
数学としては線形代数。

略歴

「教え子が数学を得意にするためには」ということを常に考えているほどの数学教育好きであり、数学教育法の研究に人生をかけているという筋金入りの数学講師。初めは数学が苦手だった生徒が半年後には「数学がわかる」ようになり、そのことを「浅見マジック」と呼ぶ講師や生徒が後を絶たない。20代という生徒たちからの歳の近さからも兄貴のように慕われている。教育への情熱は本校学院長の折り紙付きである。

遠藤和博 講師(生物)

出身

千葉大学

略歴

専門は分子生物学。しかし高校までは生物も化学も数学も決して得意ではありませんでした(むしろ英語,国語,日本史のほうがはるかにできて,化学や数学が好きになったのは予備校,いや大学から(笑))。そんな調子なので,医学部を目指すも努力が足りず断念。また大学受験指導に携わったのも国語(現代文・小論文)からでした。でも,そうした経験が,自身の専門分野である生物を指導するようになってからも大きな糧になっていると実感しています。それはたんに知識を増やせばよいだけではない生物だからこそなおさらです。
生物に限らず,東大でも医学部でも,教科書知識で十分といいます。それは真理の一端ではありますが,教科書に記載されている用語を暗記すればよいということではありません。それがどういうことなのかを,一緒に探り,学び取って欲しいと思います。また,興味や関心を高めることが学習効果や思考を高めることもあるので,生物や医学にまつわるトピックスにもなるべく触れて行きます。そうした知識のアップデートが,出題者の意図を捉える,場合によってはそのまま出題されて得をするといったか
たちで役に立つこともしばしばです。
個々人の潜在能力を引き出し,目標を達成してもらうためには,壁を越えたり壊したりしてもらうことが必要で,そのために厳しさを示さなければならないこともあります。でも,僕らは君たちの伴走者であり,君たちを未来へ飛躍させるカタパルトであると,その思いはずっと変わらないことを忘れないでほしいと思います。君が将来どんな魅力的な医師や研究者になってくれるかを想像しながら,一緒に歩み,実りある1年にしたいと思います。

河村浩行 講師(数学、化学)

出身

東京大学理学部化学科

指導歴

教え子が慶應大学、日本医科大学、順天堂大学、日本大学医学部、昭和大学など多数合格。偏差値40の生徒を半年で合格させたことがある。

後藤謙二 講師(英語)

出身

慶應義塾大学文学部英文学科

趣味

英語、マラソン

略歴

高校英語教師として埼玉県内の有名進学校で長年英語教育に携わった実績をもって医学部受験英語講師に転職した変わり種。1日に英語の答案100枚を丁寧に添削するスピードとバイタリティから「添削の後藤」という異名を持つ。卓越した英語指導メソッドは、問題の正解不正解のみならず、入試英語で一点でも多く得点する答案の作り方をも生徒に指導している。医学部予備校でのエピソードとして、生徒から「先生は受験英語は凄いけれども実践では何も役に立たないでしょ?」と揶揄され、翌日に英検一級に申込み、アッサリ合格したという熱血漢のエピソードもある。生徒の質問にはどこまでも応える姿勢は教え子たちからも慕われている。

小山克昌 講師(英語)

出身

早稲田大学

受賞歴

『笑っていいとも』に出演歴があり。
【指導歴】受験生の志望校合格は、英語以外の科目をご担当なさっている先生のご尽力によるものが大きいと認識しております。総合的かつ俯瞰的に考慮いたしましても、何より受験生ご自身のご努力の賜物と承知しております。進学校に通う生徒様から「こんなに分かりやすい文法の授業は初めて!」と言われるくらいの素晴らしい腕前。

田中俊行 講師(英語)

出身

国際基督教大学教養学部語学科卒業
Massachusetts Institute of Technology, School of Physics, Master of Aerodynamics
(マサチューセッツ工科大学大学院航空力学修士課程修了)

略歴

NASAへの就職の夢破れ、外資系金融の世界へ。航空機ファイナンス業務に20年携わった後、予備校講師業へ転業。以来、10数年にわたり医学部受験、難関大受験予備校にて教鞭をとる。合格実績は、自治医を除く全私立医学部、国公立大医学部は約20 校。その他非医学部系難関大にも多数の合格者を出してきた。
モットーは、「英語なんてトランプ大統領でも話せるんだから簡単。難しく考えるな!」。特に構文解説、読解の解法、医学部入試の突破法を得意とする。問題を見ただけで、どこの大学の問題なのか言い当てるほど医学部の英語問題には精通している。
大学受験時には日本で4校(京大法、慶応経済、ICU、上智)を受験し4戦全勝、アメリカの大学を10校(Harvard、Stanford、CalTech等)を受験し8勝1敗1引き分け。受験突破のプロを自任している。
英検1級(大学1年時に取得)、TOEIC満点、TOEFL130点中128点。

佐藤雅巳 講師(全科目)

出身

東京大学理学部地学科卒業
東京大学医学部医学科中退(臨床実習前の単位は全て取得済み)

ご挨拶

「医学科よいとこ一度はおいで」
何だか昭和歌謡の名曲中の名曲が脳内再生されそうなタイトルではあるが、本当に医学科は良い所だと思う。
医学科の良い点で一番に挙げるべき点とは、非常に優秀な学生や教員と出会う事が出来、人生観を深めて新に臨む進路を勝ち取る力を得られる事ではないかと私は考える。
一人では合格が難しいようであれば、是非とも四谷メディカルの門を叩いて欲しい。

田中公英 講師(物、化、数、共通テスト対策)

出身

東京工業大学 工学部 建築学科

趣味

登山

略歴

自ら毎年センター試験を受験していることから、センター試験問題に非常に精通していることはまず初めに紹介せねばなるまい。学力、指導力が高いが気さくなため生徒たちからは大変慕われ、勉強以外の相談を受けることもしばしばである。そのため、メンタルが重要の医学部受験生にとっては良き相談相手として人気が高い。本校の講師たちのカラーでもあるが、生徒が医学部合格を目指すためにはどんな細かい作業も面倒がらずにやってくれる点では他の追随を許さない人柄である。

中山広樹 講師(数学、物理)

出身

東京大学工学部建築学科、同大学大学院工学系研究科建築学専攻

趣味

旅行 (国内も海外も)、海外ドラマ鑑賞、2人の子供と遊ぶこと

略歴

大手ゼネコンで施工管理に5年間従事した後、結婚・震災を機に生き方を変えようと塾講師に転職。2度の短期英語留学後、自ら英語学校を設立するべく単身セブに滞在。帰国後は4年間ネイティブ英語話者の講師をサポートしつつ英文法・英作文を指導するかたわら、国内難関大学受験生向け数学を指導。また、大手医学部専門個別指導塾で多数合格実績を上げる。数学でも物理でも、基本を確実に押さえることで無理をせずラクに解ける、毎回同じことをやっていれば確実に正答に辿りつける、そんな考え方を身につけてもらえるよう心がけている。

村杉拓夢 講師(生物)

出身

東京農工大学 農学部 応用生物科学科卒

紹介

牧場の次男として生まれ、出生前から生物と触れ合ってきました。生物が大好きで、生物の先生になりましたが、入試の生物は大変な科目ですので、一筋縄ではいきません。皆さんが生物を嫌いにならないよう、一生懸命教えますので、一緒に頑張りましょう。

西島秀俊 講師(物理)

出身

立命館大学理工学部数学物理学科

略歴

約15年間エンジニアとしてベンチャー企業や東証1部上場メーカーで製品設計を行う。
携った製品は化学プラントや3Dプリンター、産業用ロボットなど多岐にわたる。
仕事で物理を活用した経験から皆さんに一生使える物理を伝授できるよう日々研究を重ねています。

平林希章 講師(数学、化学)

出身

東京理科大学 理学部数学科卒

紹介

大変優秀なのに、非常に謙虚な平林先生。 生徒様の性格や気質によって、匠に飴と鞭を使いこなし、合格へと導く。大学卒業して以来、定休なく講師業を続けて一回り。 もはや趣味なのか職業なのか分からない。性格は面倒くさがり、やらなくていいことは極力やらない。 楽する方法を考えることは大好き! しかし、それを見つけるには頭をフル回転させなければならない。 数学を教えられてるのはこれが原因かもしれない。皆様も、平林先生の楽して合格する必勝法を、是非1度お試しあれ♪

藤田直樹 講師(数学)

出身

東京大学理学部数学科、同大学院数理科学研究科数理科学専攻

目標とする医学部

東大・京大はじめ国公立大医学部、慶應、慈恵、日医、大阪医など

趣味

ボード

略歴

東大大学院では確率統計を専攻し大手生命保険会社ではアクチュアリー、データ・サイエンティストの経験を持つ。東大在学時代から「大学への数学」(東京出版)の問題作成解答添削などに参加し、数学のあらゆる入試問題を即座にあらゆる解法で解くことができる。数学嫌いや数学苦手の生徒を一年間で数学得意にすることができる数学教育の達人。前職・慶応進学会フロンティア時代は、医学部入試数学問題の解答速報を行っていたが、その解法の鮮やかさに魅かれて入塾する生徒が多かったというエピソードがある。


統計のスペシャリスト
が持つ資格「統計検定」
の1級を取得!

大学受験生を対象に、
数学的思考力とセンスを身につけるための
専門誌
「大学への数学」に記事掲載。

堀智子 講師(英語)

出身

青山学院大学文学部英米文学科

ご挨拶

「英語がネックで一次試験を突破できない…」という生徒さんを、これまで数多く合格に導いてきました。一人一人の強みと弱点を把握して、生徒さんが試験本番で得点を最大化できるよう、綿密な指導を心掛けています。

スタッフ

牟田和也TA

在籍校

日本大学医学部医学科

ご挨拶

受験生時代の僕は、最小限の労力で最大限の成果を出す能率第一主義勉強法で乗り切ってきました。
しかしながら医学部でやらなければならない勉強量は、受験生時代よりも断然に大量です。
結局は医学部に入ってからもコッテリと勉強しなければならないので、せめて受験勉強だけはサクサク終わらせ
ちゃいましょう! 相談してくれれば僕が編み出した医学部合格省エネ勉強法をご指南いたします。
また、受験期間の毎日のタイムスケジュール相談や、健康面・メンタル面の相談なども僕でよければ
いつでもアドバイスしますのでお気軽に声をかけてください!
みなさん健闘を祈っています!

髙木政志TA

在籍校

順天堂大学医学部医学科

ご挨拶

今年度TAとして英語、数学、化学を担当いたします、順天堂大学医学部1年の髙木政志と申します。

私自身もここ四谷メディカルの生徒だったので、生徒様一人一人に合った医学部に受かるための継続的な学習方法と精神的サポートを生徒様の目線でアドバイスしていきたいと思います。自分の意識を「勉強/Study」ではなく「学習/Learn」に変えることで、医学部受験だけでなく大学の授業にも対応できると思いますので、そうした意識改革を実際に指導していく中で身につけていただけるようなサポートもしていきたいと思います。

また、私は英語に興味を持っていることから、順大特有の自由英作文をはじめ、英検、TOEFL対策のアドバイスもできますので、ぜひ質問しに来て下さい。

最後になりますが、学習面、精神面で分からないこと悩んでいることなどありましたら、気軽に声をかけて下さい。(もし順天堂大学医学部入試一般B方式の受験を考えている方がいましたら、相談にのります。)

柴田克彦TA

在籍校

慶應義塾大学医学部

ご挨拶

「澹泊明志 寧静致遠 静学才志」
無欲でなければ志は立たず、穏やかでなければ道は遠い。 学問は静から、才能は学から生まれる。 学ぶことで才能が開花する。 志がなければ学問の完成はない。
教科のことでも進路のことでもなんでも某に質問してください。貴方を着実に確実に医学部へナビゲートしましょう。

都築奎佑TA

在籍校

芝浦工業大学 デザイン工学科ロボティクス情報系

指導科目

数学、英語、物理

ご挨拶

自分は勉強が大嫌いでした。
その分勉強との付き合い方を考えてきたと思います。なので自分が教えられるのは学がある勉強よりも効率よい勉強法や勉強との付き合い方を同じことで悩んでた生徒に教えていきたいです。
その嫌いな勉強でも大好きな科目がありました。それは物理と数学です。
算数が大好きでした。答えへの解法が決まってないのがロマンに感じて数学は今の今まであまり勉強という勉強はしてこなかったですがその分能動的に学習していきました。
受験生の皆様にひとつ言えるのは今の勉強を今の自分が本気でして先の未来の自分にそのご褒美をあげることです。
これは勉強でも言えることで受験生は好きな科目や得意な科目をよくやっている人が多いと思います。ですが医学部受験はそれが通用しません。各科目の重箱の隅を突いてきます。なので嫌いな勉強をしてその先の合格している自分にご褒美をあげる勉強法をしていきましょう。それを後々気づいた自分がまだ未来ある皆様に教えたいことはそれだけです。
入学したらよろしくお願いします。

江川侑希TA

在籍校

日本大学医学部

ご挨拶

皆さん、こんにちは。TAを務めさせて頂いている江川侑希です。
私から言いたいことは「1年間本気で勉強をすれば必ず医学部に受かることはできる」ということです。当たり前のことかと思うかもしれませんが、この当たり前をできる人はそう多くはいないと思います。医学部には並大抵の努力で受かることはできません。受験は厳しく1発勝負の世界であるため本番にいつも通りの結果を残すことが出来ることの方が難しいでしょう。だからこそ1年間を無駄にせずに本気で勉強して受験という最大の敵にぶつかって欲しいのです。自分は現役時になんとなくで勉強をしとても後悔したという経験から1年で決めるという思いで自分に向き合い本気で勉強した結果受かることができました。私が何も知らない状態から1年で合格できたのだから皆さんでも絶対に出来るはずです!!また、1年間本気で勉強したならばどんな結果であったとしてもその結果に納得することができるでしょう。一緒に四谷メディカルで勉強して医師への第一歩を踏み出しましょう!勉強以外でも悩みがあればぜひ一度来て下さい。何か力にはなれるはずです。

林 毅彦 TA

在籍校

岩手医科大学医学部

略歴

こんにちは、TAを務めさせていただく林です。
受験は日々の努力の積み重ねだけで合格することができます!大丈夫です!!…と言いたいのですが、実はそれだけでは足りません。もちろん、努力の積み重ねは大切ですし必須です。しかし、それだけでは時間がかかる上に合格に届かない可能性が高いです。努力が報われるためには、正しい勉強方法と綿密な勉強計画が必要になります。この2つを自分1人で考えて実行するのはなかなか大変です。僕も苦労しました笑。でも安心して下さい!四谷メディカルの先生、TA、スタッフの方々は生徒さん1人1人のキャラクターに合ったアドバイスをしてくれます。そのアドバイスに従って勉強を進めていけば必ず合格できます!僕も微力ながらお手伝いさせて頂きます。勉強の悩みから日頃の愚痴でもなんでも大丈夫です。何かあればぜひ来て下さい。諸事情で基本的に画面の向こう側にいることが多いですがそこは勘弁してください。

石井弘美 副校長

田中日奈子 コンシェルジュ