偏差値40でも医学部に合格できる理由

私は平成元年から医学部受験に携わって来ました。
かれこれ30年以上もの間、医学部受験に携わっているということになります。
その間に、私が培った経験が、今の自信となっています。
その自信の源である経験を、少しご紹介したいと思います。

【この30年での実績】

先にお伝えした通り、私は30年以上医学部受験に携わっています。

その間、医学部に送り出した生徒の数は、800名を超えています。

その多くの生徒は、偏差値が40台〜30台で、いわゆる、低学力・学力不足の受験生達でした。

その為、学力が大きく不足した受験生を医学部に合格させるのは、とても得意と、胸を張って言えるのです。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_Projectannai20141123172459_TP_V.jpg

【偏差値40からの大学受験。そのルーツ】

偏差値40からの大学受験

これを掲げた予備校は、当時の塾長である私の弟と、私が初めてでした。

30年前、偏差値40程度で大学進学するのが、困難だった時代。

毎年、受験生を無試験で入学させ、
MARCHクラス早稲田・慶應・医学部・歯学部・薬学部
これらに多くの生徒を合格させていました。

そして、その生徒の多くが、偏差値30台~40台の受験生だったのです。
高校の進路相談等では、大学への進学を諦めなさい。と、言われていたのです。

その生徒達を合格させた実績から、多くのメディアからも取り上げられました。

その予備校こそが、偏差値40からの大学受験といううたい文句のルーツとなるでしょう。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150415092468_TP_V.jpg

【低学力を、合格に導いている秘訣】

今はない、上記で紹介した予備校は、JR大宮駅西口1か所だけでした。

開校から10年たった平成9年には、1年間に1万人の生徒が入学してくれる反響ぶりでした。

その間に、埼玉・東京の偏差値50に届かない、私立高校の多くの卒業生が、弟が塾長を務める、予備校を経て、早稲田・慶應・医学部に、次々と合格しました。

そしてその生徒達が通っていた高校に、次々と、特進クラスが開設されるという現象が起こったのです。

もちろん、当時から偏差値40の受験生を、1年・時には10か月で、早稲田・慶應・医学部に合格することは、非常に困難でした。

高校3年間の学習はもちろん、中学からやり直し学習の場合、6年間の膨大な学校学習があります。

当時から今も、なぜ、1年や2年でその膨大な不足した学習を補い、医学部合格の学力までもっていけるのか?
と、よく質問いただきます。

そもそも、中学・高校の学習は、学習指導要項・指導要領に基づき、行われています。

各学校長に采配が許されている、学習カリキュラムであり大学受験の為のものではありません。

例えば数学であれば計算能力が重視されており、
[数学的思考]、[理論への理解]、[問題の解法]などは、
実際、後回しにされていることがほとんどです。

もちろんそんな状況ですから、医学部受験に必要な学習は、ほとんどと言っていいほどされずに、高校をただ、卒業している。というのが、実情ではないでしょうか…

医学部合格の為に行う学習、そして必要な学力は中学・高校で行う、勉強の【方法】と【対象】が実は違います。

だから、中学・高校では受験に対して、無駄な学習が多い事があります。

さらには、生徒が自信を失くしてしまう様な事、また、生徒の意欲を削ぐ様な事が、意図せず起こってしまう事があります。

こうしたことで、学力をつけるどころか、心身ともに疲弊していく生徒は、珍しくありません。

そうした悪循環を取り除き、医学部合格に直結する【最短の学習術】を指導することで、偏差値40の受験生を、医学部合格する様に導く事ができるのです。

当校に来るまでの学力が、どんなに低くても、中学・高校に普通に通えたレベルなら、合格に導ける自信が私達にはあります。

いいえ!
小学生のレベルの時だって時にはあります。

私達は、その生徒だって合格に導く事ができます。

どうしても、医学部に行きたい!
でも、学力が足りない…

そんな受験生。
ぜひ一度、相談に来てください。
まずは、ヤル気を取り戻しましょう。

そして、私達があなたが自信を取り戻せる様、指導していきます。
一緒に医学部合格の、夢を実現させましょう!

 

関連する記事