日本大学医学部医学科の受験情報(入試傾向、対策ポイントなど)

日本大学医学部医学科入試の傾向と対策

日本大学では、医療従事者としての職業観や倫理観を早期から磨いており、人間性豊かな医師・医学研究者の育成を目指しています。

医学の専門知識や技術はもちろんですが、現代の医療現場で求められる問題解決能力・コミュニケーション能力を身につけるための実践的な教育も展開していることが特徴です。

●選抜者基準

医学部では、医学・医療の分野で社会に貢献したいという意識、またそれを実現しようとする強い意志を持って目標に向かって意欲的に学修を進めていくことのできる学生を求めています。
一次試験では学科試験(理科・数学・外国語)によって、6年間の学修に必要な知識・技能、判断力、思考力を評価されます。
二次試験では小論文と面接により、思考力、判断力、表現力、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を評価されます。

●過去の入試の概要

2017 2018
一般入試A方式 一般入試N方式 一般入試A方式 一般入試N方式
募集人員  約99名  約3名  約92名  約10名
志願者数 4,087名 200名 3,987名 522名
受験者数 3,594名 152名 3,483名 462名
一次試験 一般入試A方式:理科(200点/120分)、外国語(100点/75分)、数学(100点/75分)
一般入試N方式:理科2科目(200点/120分)、外国語(100点/分)、数学(100点/60分)
二次試験 一般入試A方式:適性検査(80分)小論文(60分)、面接(約20分)
一般入試N方式:適性検査(80分)小論文(60分)、面接(約20分)

●2019年度募集要項

【一般(A方式)入試募集人員】92名

【出願期間】1/5~1/31

【試験日】一次2/8  二次2/16


大学別入試対策の達人 河村浩行師匠による必勝対策!


 

●数学

数学Bの「確率分布と統計的な推測」を除いた全範囲が出題範囲となっている。
2015年から大問5問形式の出題が続いている。概ね第1問は数IAの易しい小問4問、第2問は数IIBの易しい小問4問、第3問が穴埋め式の大問である。第4問、第5問は記述式で、やや面倒か、かなり面倒か、非常に面倒な問題であることが多い。出題範囲の全範囲から満遍なく出題されるので、ヤマを張っても仕方がない。「チャート式数学(黄)」や「Focus Gold」のような総合的問題集を一冊しっかりと仕上げることが大切である。
第1問と第2問での失点は致命傷である。第3問は難しくはないが計算は大変で、答のみであるから計算ミスが命取りとなりうる。第4問、第5問には証明問題が含まれるとはいえ、大半が計算するだけの問題である。というわけで、全範囲きちんと学習し、計算ミスをしなかった者が合格するという、正統派な試験である。

●物理

全範囲が出題範囲である。
2017年までは大問5問構成で、物理の5分野から1分野ずつ出題されていたが、2018年と2019年は大問4問構成で、原子物理の分野が出題されていない。
多くは標準的な問題であるが、その中にリード文をきちんと読んでいないと解けない問題が含まれているため、パターン演習では対応しきれない。
物理の学習はパターン演習に陥りがちであるが、普段から文をしっかり読み、物理的な理解をして問題を解く練習をすべきである。
数値計算が多くみられるため、時間的には少し厳しいが、焦って文を読むのを省略すると問題が解けなくなってしまう。落ち着いて問題文を読む練習をしておこう。
標準的な部分については「名門の森」が、文をしっかり読む部分については「難問題の系統とその解き方」がいい練習になるだろう。

●化学

全範囲が出題範囲である。
例年大問5~7問構成で、全範囲から満遍なく出題しようという気概が感じられる。
難易度としてはまったく標準的であると思われるが、見慣れない問題、すなわちパターン学習では思考を省略できない問題が散見されるため、時間的には厳しい。
パターン問題の暗記だけで本学を乗り切ろうとしている受験生がたまにいるが、そのような受験生は大抵本番でボコボコにされて帰ってくる。そのような傲慢な思考は厳に慎むべきである。
「重要問題集」や「化学の標準新演習」などの標準的な問題集に収録されている問題はまちがいなく正答し、そのうえで見慣れない計算問題に対処することが必要である。見慣れない計算問題は東大、東京医科歯科大、早稲田大など、一般に難関校と呼ばれる大学の過去問で練習しておくとよいが、これは若干上級者向けの内容であるから、標準問題にも満足に対処できないような者がいきなり手出ししないようにすること。
意外にも、受験生が苦手に感じているのは正誤問題である。マーク模試で9割は取れるのに満点は取れない受験生は、細かい知識が不足しており、正誤問題で外してしまうことが多い。初心に立ち返って、普段使っている参考書や問題集の解説を、コラムまで含めて熟読すること。

解答速報はこちら

関連する記事